ビタミンが体に必要不可欠な理由

ビタミンが体に必要不可欠な理由

ビタミンは種類が豊富で、私たちの体には必要不可欠な存在です。特にビタミンBに関しては、細胞へエネルギーを受け渡すという働きがあるので、脂質のコントロールや代謝の促進をしてくれます。結果、お肌にとっても大切な存在となっているのです。水溶性の成分であり、熱に弱いといった特徴を持つものはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンとたくさんあります。

 

日々の食事から摂取することが難しい分、マルチビタミンのサプリを上手に活用することでその効果を得ることが出来るでしょう。卵や豆に含まれているビタミンB1には糖や脂肪の代謝を促進し、新しい細胞を作り上げてくれる働きが、ビタミンB2にはお肌や粘膜の炎症を抑え、潤いを保ってくれる働きが、ビタミンB6にはアミノ酸の代謝を促進し、皮膚の炎症を予防してくれる働きがそれぞれ担っています。

 

これらは全て腸の中で作られているので無くなる…という心配はありませんが、体調を崩したら不足するものばかりです。ちなみにパントテン酸は皮膚炎を抑え、ビタミンB1やB2とともにお肌の調子を整えてくれる働きを担っています。