魚の油「DHA」

魚の油「DHA」

マグロやサバ、イワシなど青背の魚の油に含まれる成分として知られているDHA。この成分、肉には無い優れた特徴を担っています。今回はDHAについて詳しく見ていきましょう。そもそも牛や豚などの肉は「飽和脂肪酸」と呼ばれ、常温でも固体の姿でいられます。血流をドロドロにしてしまい、コレステロール値を上げる原因になっていますよね。

 

一方の魚の油、DHAは「不飽和脂肪酸」と呼ばれ逆に血液をサラサラにしてくれる働きを担っているのです。不飽和脂肪酸が液体を保って存在していることが血液サラサラの原因ですが、結果コレステロール値を下げることになります。これによって透明な肌に戻してくれたり、血行促進やシナプスの活性化により脳を活性させたり、視力回復、アトピー性皮膚炎などにも効果的だと言われています。

 

食べ物だけでなくサプリメントで摂取すると、魚嫌いな人でも効果を得ることが出来ますね。ただ1つ気を付けたいのは、空腹時には避けるということです。脂溶性なので吸収されず下痢を起こしやすいからです。