青魚に含まれているエイコサペンタエン酸

青魚に含まれているエイコサペンタエン酸

青背の魚に含まれる不飽和脂肪酸の一種に、エイコサペンタエン酸(EPA)というのがあります。DHAと同じ仲間なので血液をサラサラにするという働きを持っているのが特徴です。また、エイコサペンタエン酸には脳の血行の活性化、血圧の降下、乾燥肌や皮膚の炎症の予防するという効果も期待されているのです。

 

お肌の細胞と細胞のすき間が乾いてしまうことが原因で起こる乾燥肌に関しては、そのすき間を埋めることでお肌に潤いをもたらしてくれます。また、子宮の収縮を抑えてくれるので生理痛で悩んでいる人にもおススメの成分となっています。DHAと同様、血液サラサラにしてくれる働きを持っていると言いましたが、その影響で動脈硬化や脳梗塞、脳卒中、高脂血症の予防にも効果的です。

 

エイコサペンタエン酸は脂溶性なので摂取する際は、刺身や煮魚で調理することをおススメします。また、お魚のグラタンという料理もありますが、その中には植物油の中にもリノレン酸という体内でエイコサペンタエン酸に変わるものも含まれているので是非、食べてみてください。青魚が苦手だという方でもDHAとエイコサペンタエン酸が含まれている食べ物はたくさんあります。

 

tokyo guesthouse oakhouse
Cheap hostel in Tokyo